【英語 話せるようになるには】理由と初心者や社会人の勉強方法

 

 

【英語が話せない】理由とは

英語が話せない理由

日本にいると英語を話す必要性も機会も無い

英語の重要性がずっと言われてきている日本では、残念ながら普通に生活をしているだけでは、英語を話す必要性も機会も皆無です。たまに観光できた外国人に声をかけられた場合に少し話せれば便利かなというレベルであり、英語がなければ生活できなくなる訳ではないのですから、皆普通に日本語で話すわけです。

ある程度の英語を学んでいざ使おうと思っても基本的に相手は日本人であり、日本語を使ってくることになりますし、そもそもほとんどの人は習ったはずの英語を忘れていってますから、こちらが使っても意味すら通じないことが多いです。相手から英語で返事がきて英会話が始まる展開はまずないのでそのうち自分も使わなくなり結局学んだことをアウトプットできないまま忘れていくということになりがちです。

 

間違えることを恥ずかしがる

日本人は特に恥の意識が強すぎるために、間違った英語の使い方を指摘されることを恥ずかしがりすぎる傾向があります。それだけ慎重であることは時には美徳ですが、英語の上達においてはむしろ遠回りになってしまいます。

よくよく考えれば間違えること自体は誰しも毎日無意識のうちにしでかしていることであり、日本語の使い方すらまともではない日本人もたくさんいます。それでも日常生活を問題なく送れているのは日本語間違えることを一切恐れていないからであり、それだけ自信を持って喋ることで間違った表現があってもそのうち気づいて治すことができます。

このことを英語にも当てはめて考え、積極的に使えばよいのですが、どうしても知ったかぶりや恥ずかしがりの傾向が強い人は間違えることを恐れがちです。

 

目標が漠然としすぎているかそもそもない

英語を話すことで実現したいことや夢がある場合には、人はがむしゃらになって話したり勉強したりしてだんだんとできるようになっていきます。この時、目標がなかったり漠然としすぎていて着地点が見えていないとモチベーションが続かず自分のその時の気分次第で勉強量を決めてしまいがちです。

目標がしっかり着地点に繋がるものであれば、どのように勉強するかの計画も逆算して大まかに立てることができますし、多少計画通りに動かなければ臨機応変に変更してゴールまで勉強できるものです。
仕事で必要だからとか、何となく英語ができたほうが役立ちそうだからといった理由ではなく、取引先の外国人スタッフとの商談がスムーズにできるようになるとかキャビンアテンダントになって英語でお客様を滞りなくご案内できるようになるといった明確なゴールを設定しないといつまでも英語が使えず話せないということになりがちです。

 

 

【英語を話せるようになるには】心の準備

【英語 話せるようになるには】心の準備

目的とゴールを明確にする

英語を使えるようになる上での準備としてまずは目的とゴールを明確にしましょう。
目的とは英語を使って何がしたいのかということです。英語を使って今の仕事での業務をスムーズに遂行できるようにするためであったり、海外への移住で現地での日常生活で不自由なく話せるようになるためといった具体的なものであればあるほどよいです。

ゴールとは英語を使った結果どのような成果や結果を得たいのかということです。目的とほぼ同義としても良いですが、さらにその先にある仕事での報酬のアップ等や資格取得等をゴールに設定するとよりモチベーションを高い状態で保つことができるようになります。
ただし、目的やゴールを明確にしたからといって努力を怠ってしまっては出来るものも出来るようにはならないので必ずゴールまでの道筋にそって努力していきましょう。

 

 

英語が話せるようになるまでの期間や学習時間は?

英語が話せるようになるまでの期間や学習時間は、その人の習熟度によります。

  • 中学生レベルの英語が完璧に話せるという人であれば、それだけでもある程度は相手の言う事を聞き取ることができます。後は語彙力を増やすために新しい単語やその例文を覚えていくことで話せる内容も増えていくので日常的に使っていけば2-3年程度でとりあえず日常生活でわからないことがあっても英語で聞いて解決できるレベルにはなるでしょう。
  • 高校生レベルまで完璧であれば1-2年程度で英語が話せるようになるでしょう。
    もちろんそれほどの短期間で話せるようになるには一日に2-3時間以上は英語に時間を当てていく必要が出てきますから、他にもやりたいことがある場合には取捨選択が必要になります。

 

 

中学生英語も分からない初心者だけど大丈夫?

中学生レベルの英語もわからないからと言って落胆する必要はまったくありません。最初は誰もが中学生レベルの英語も知らないアルファベットから勉強していったのですし、大人になれば中学生レベルの英語ですら忘れているものです。

気にする必要はありませんが、中学生の英語は日常生活で必要になる英語の基礎中の基礎になりますから、まずは単語や文法などの基本的なことから学び直す必要はあります。ここを疎かにするとところどころの意味はわかっても大事な文脈やニュアンスを間違えてしまうことに繋がります。自分がどこから忘れているのか分析してそこから基礎を学び直していきましょう。中学生レベルの英語が完璧に話せるようになれば、次は高校生レベル、一般レベルと段階を上げていくことができるようになります。

 

 

忙しい社会人でも大丈夫?

忙しい社会人でも大丈夫?

忙しい社会人であってもやる気とゴールが明確にあるのであれば、大丈夫です。忙しさを言い訳にせずきちんと努力できれば話せるようになります。

会社が究極に多忙すぎて帰ったら寝るだけの時間しかない場合であっても、一日を通してまったくスキマ時間がないという人はいないです。皆それなりに時間のやりくりをして休憩したり、トイレに行ったり、ご飯を食べに行っているのですから、英語を学ぶための時間をつくることも出来るはずです。どんなに短い時間でも良いですし、決まった時間ではなく空いた時間すべてを英語の勉強に当てるでも良いです。
時間がある人に比べるとどうしても上達の速さは劣ってしまいますが、他人と比べることが目的ではないので気にしなくてよいです。自分のペースで確実に勉強していきましょう。

 

 

英語を使うことのできるようになった自分を想像してみましょう

英語を使うことのできるようになった自分を想像してみましょう

目的やゴールにも繋がる話ですが、英語を話せるようになるためには、英語を自在に使える未来の自分を想像することも大切です。想像を膨らませることによって、英語を使えるようになって良かったと思えるメリットや目標を達成した自分の満足感をそれなりに考えることが出来るのでモチベーションに繋がりやすいです。

また、自分が英語を使えるようになって起こる周りへの影響や変化も考えてみましょう。英語を使えることで会社では業績により貢献できるようになり給料が上がったり、役職が上がることもあるでしょう。海外での転勤先で外国人の素敵な恋人を作ることもできるかもしれません。英語を使えるようになった自分を想像することは、英語を真剣に学ぶための動機づけとして最適な手段なのです。

 

 

【英語を話せようになった】メリット

【英語 話せるようになるには】メリットとその先の成功

キャリアアップや年収アップにつながる

英語を話せるようになるとキャリアアップや年収アップに繋げることができます。特に職種によっては英語習得者を募集している企業であれば、社内で英語を話せることは大きなアドバンテージになります。例え英語と関係ない職種であっても社内で使う人間がいるのですから、英語ができたスムーズに事が運ぶ場合はかなり多いです。英語を取得することで結果的に会社の業績が上がるのであればキャリアと年収アップには期待が持てます。

今現在の職種でそれが叶わなかったとしても英語を話せることが社内に広まっていれば、英語を使う部署への異動が命じられ、そこでのキャリアアップや年収アップの可能性もあります。何かしら英語に携わる会社であれば習得しておいて損になることはないでしょう。

 

海外旅行が楽しくなる

英語ができると海外旅行が楽しくなる

英語を話せるようになると海外旅行が段違いで楽しくなります。話せない状態では英語と日本語が話せる案内人がいないと不安になり、実際に現地で騙されたりすることもありますが、自分で話せるようになれば何でも自分で判断できるようになります。
話せない不安がなくなっている分、現地で自分の英語力だけで買い物をしたり、ホテルのサービスを利用したりできるのでそれだけでも楽しかったりします。
海外ではよく屋台の人が観光客相手に高い料金をふっかけてくる場合もありますが、英語さえできれば断ったり逆に値切りまくってよい品を手に入れることもできます。値切りの文化自体も日本では馴染みがないので楽しいものです。
英語一つできるだけでもいろんな国に行くことができますから、旅行を楽しむために勉強することは大きなメリットになりますね。

 

 

海外映画を字幕なしで楽しめる

海外映画を字幕なしで楽しめる

 

日本人が海外映画を見ようと思ったら字幕か吹き替えかを選ぶことになります。意外と吹き替えに対応していない海外映画は多く、そうすると字幕で見ることになるのですが、字幕ばかり見ていると肝心のシーンを見逃したり何となく雰囲気で見ることになりがちです。
しかしながら、英語ができればこの問題は解決します。字幕すら見る必要がなく英語を理解できるのですから、吹き替えも字幕も日本語対応していない海外映画まで楽しむことができるようになります。日本語で聞いているようにスラスラ頭に英語が入ってきますから映像をフルで楽しむことができます。
さらに字幕無しで海外映画を見れることによってほぼ無限に等しいといっていいレベルの数の映画を楽しむことができるようになるので、同じ映画ばかり見る必要がなくなるのもメリットになります。

 

 

洋楽をより楽しむことができるようになる

洋楽をより楽しむことができるようになる

英語を話せるようになると洋楽を楽しめるようになります。元々洋楽は英語ができない場合でもフィーリングで聴いて楽しんでいる人も多いジャンルですが、英語ができるようになることで楽しみ方に深みがまします。
今まで意味もわからず聴いていた音楽がどういう意味だったのかがわかると、共感したり、考え込んだり、新しい気づきを得ることができるようになります。日本語の音楽を聴いている時と同じように歌詞そのものに隠された真意や背景を読み取り、考察することができるのですから、好きな曲やアーティストをより深く楽しむことができます。
初めて聴く洋楽の新曲であっても意味がわかるようになったことで最高の曲に巡り会える可能性もあります。

 

 

【英語を話せるようになるには】勉強方法

【英語 話せるようになるには】勉強方法

本・参考書を利用する

英語を話せるようになるには本や参考書の存在は必須と言ってよいでしょう。自分一人でも学習できるようになりますし、参考書の場合は実用的な英語を使う近道になるアドバイスが書かれていることも多いです。
自分でわからない言葉を調べてそれに付随する例文も覚えていきましょう。わからないことを調べてわからないことが出てきたらそれもさらに調べます。まずはこの繰り返しで自分が躓いているポイントを埋めていきましょう。
そして文面が正しく読めるようになったら音読をしていきましょう。音読は目、口、本に触れる手等の様々な器官を使うこともあり、最も有効な脳トレ・記憶方法として有名です。少しずつ本や参考書のページを勉強していき、黙読できるレベルまで完璧にマスターしていきましょう。

 

日常の出来事を英語にする

本屋や参考書で学んだことを生かして、日常の出来事を英語にするのも有効な勉強方法です。例文だけ覚えてもそれを有効に使えなければ意味がありませんから、どんどん日常のことに変換して英語を使っていきましょう。誰も見ていないところで今起きたことを英語にしてみるでもよいですし、一日の終わりに英語で考えながら日記を付けるのも良いでしょう。
目に見えるもの全てを英語に変換するぐらいの心構えであれば最高です。わからないことも頻繁に出てきますが、その場合はその都度メモしておいて適切な表現方法を後で調べて覚えることを繰り返していけば、インプットとアウトプットを両立できるようになり英語も早く上達します。学び始めたその日からでもいいので積極的に取り組んでいきましょう。

 

 

仲間を見つける。SNSや英会話カフェなど活用

 

英語を話せるようになるための近道として仲間を見つけるというのも一つです。日本では英語そのものが必要ないので日常会話に使うことができませんが、同じ志を持った仲間がいればそれもできるようになります。そこで仲間探しに最適なのがSNSや英会話カフェなどです。
SNS上で検索すれば、日本中で同じように英語を上達させたい若者や社会人が多く登録しています。そのような人たちにコンタクトを取り、一緒にオンライン勉強会をしたり、メッセージや通話でのやり取りをすべて英語にすることで飛躍的に英語力が上がっていきます。
英会話カフェの利用もおすすめです。英会話カフェはお茶をしながらコミュニケーションをすることに全振りしているカフェであり、グループやワンツーマンでよりネイティブな人が使う実践級の英会話を習得することができます。

 

 

 

少しの時間で良いので「毎日」英語学習を続ける

毎日があまりにも忙しく、まったく勉強に当てる時間がないと嘆いている人が多いです。しかしながら、英語を本気で使えるようになりたいのであれば、少ない時間でも良いので毎日勉強し続けましょう。やらない時間が増えれば増える程、忘れていくスピードも早まるので5分などの短時間でも学んだ内容を思い出す必要があります。
英語の学習に時間をとると過労死するという人の場合は、日常生活の中で省ける無駄を排除したり、必要性のあること同士を比較して取捨選択することも必要です。本気で英語を学びたいのであればそうしましょう。
そして学習時間も長いに越したことはないですが、5分を10回繰り返す、昼休みの1時間だけ等、短くても細切れでもよいので意地でも確保しましょう。

 

スマホアプリで隙間時間を有効活用

自分の一日のスキマ時間を有効活用するためにスマホアプリを利用するのも一つの手です。英語の学習に特化したスマホアプリであれば、少し時間ができるだけで手軽に起動して勉強を即座に始めることができます。スマホは基本的に肌身離さず持っている場合が多いので本や参考書のように取り出す時間すらいらず、持ち運びもスマホひとつなので大変便利です。
また、スキマ時間を管理するためにタスクアプリを使うのも良いでしょう。固定されているスキマ時間を予め設定しておくことでその時間にアラームやバイブを鳴らしてすぐさま勉強に気持ちを切り替えることができます。そのスキマ時間に何を勉強するかも決めておけばより効率的にスキマ時間を有意義に活用できます。

 

英語で流れているニュースを聞いてみる

英語で流れているニュースを聞いてみるのも英語を上達させる上では役に立つ勉強方法です。一見かなり難しそうで初心者にはできないように思われる勉強方法ですが、始めたてでもやりようはあります。
英語に自信がない人の場合は、まず日本語と英語の二か国語で放送されている日本のニュース番組を英語の音声に切り替えることから始めるのをおすすめします。これであれば、普段私達が見ているニュース番組を見ている感覚で英語が流れるので抵抗感も少ないです。
取り上げられるニュースも日本に関連したものが大半ですから、多少言葉がわからなくても意味はわかります。語彙力が増えてくるとだんだんニュース番組の内容も正確に把握することができるようになりますから、そこまでいけば海外のニュース番組に切り替えても違和感なく視聴できるようになるでしょう。

 

 

【英語を話せるようになるには】まとめ

【英語 話せるようになるには】初心者や社会人の勉強方

ここまで英語を話せるようになるための心構えや勉強方法について見てきました。日本では英語を話す機会もなかったり、そもそも忙しすぎて英語を勉強する時間もないと嘆いている人が多いですが、しっかりとした目的とゴールを設定し、短い時間でも勉強する時間を本気で確保することができれば、必ず英語は話せるようになっていきます。機会や時間は誰かに奪われることはあっても与えてくれることはそうそうないです。本気で話せるようになりたいのであれば自分で作りましょう。
そして実際に本や参考書、スマホアプリで勉強に取り組み、学んだことを日常的に英語に変換して使っていくことが大切です。オンライン英会話や英会話カフェ、SNS等、自分が学んだインプットをアウトプットして誰かにフィードバックをもらうことができればもっとよいでしょう。
この記事を読み終わった今から是非勉強をはじめましょう。

 

初心者向けのオンライン英会話ごとの分布図です。

初心者向けのオンライン英会話おすすめ分布図

 

おすすめ度料金の安さ講師の品質初心者に優しい
レアジョブ
4.94.94.85.0
DMM英会話
4.64.94.24.8
ネイティブキャンプ
4.64.93.85.0
kimini
4.55.04.04.5
hanaso
4.54.94.04.5
ワールドトーク
4.43.45.04.8
クラウティ
4.44.84.04.5
ビズメイツ
4.43.84.84.5
QQ English
4.44.24.54.5
産経オンライン英会話
4.44.94.34.5
イングリッシュベル
4.13.74.44.2
Cambly
3.93.54.24.0
おすすめ度料金の安さ講師の品質初心者に優しい

初心者向けオンライ英会話のおすすめ比較

 

 

関連記事: