オンライン英会話 画像/音声トラブル解消方法(インターネット編)
スポンサーリンク

オンライン英会話中に発生する「音声」や「画像」の遅延は、あなたのインターネット環境が問題しれません。

 

記事の手順に従い、通信環境をチェックしてみましょ。

 

これで、快適にオンライン英会話のレッスンを受けられるようになります。

 

オンライン英会話での画像や音声トラブルの3つの問題

本記事では、ソフトウエアシステムエンジニア歴30年の私が、初心者でも分かるように、解説していきます。

この記事を読めばあなたも、ネットワークについて詳しくなり、快適なオンライン英会話環境を整えられるかもしれません。

 

 

インターネットラブルについて3つの視点で記載しました。

ネットワークトラブル3つの原因

本記事は、2番目の「インターネット回線の問題」について記載しました。

 

 

インターネットの説明

まず初めに、インターネットについてお話します。

 

インターネット回線の種類

インターネット回線とは、インターネットに接続するための回線になります。

 

インターネット回線の種類
    • 光回線
    • 携帯電話回線
    • Wi-Fi
    • ケーブルテレビ回線
    • などの種類があります。

    しん
    あなたは、どの回線を使用していますか?

     

     

    インターネットの経路説明

    インターネットの経路を大きく分けると2つになります。

     

    インターネット回線の経路別接続
    • パソコンと自宅のネットワーク間の接続
      ・有線LAN
      ・自宅のWi-Fi環境
    • 自宅から電話局(NTT)までのインターネット接続回
      ・DSLや固定回線
      ・ポケットWi-Fi
      ・携帯電話回線
      ・ケーブルテレビ回線
      ・光回線
      ・など

    あなたは、どの回線を使用していますか?

    分からない?家族の方に確認してみてください

     

    スポンサーリンク

    インターネット回線スピードを測定しよう

    まずは、あなたのインターネットの回線スピードを把握するところから始めてみましょう。

     

    測定する

    下記のサイトから、インターネット環境を測定しましょう。

    コメント

    ※時間帯によって、回線スピードが変化します。あくまでも参考値としてください。

    ※データ通信が数十MB発生するため、ギガ制約がある場合には、注意してください。

    ※パソコンの画面キャプチャまたやスマホのスクリーンショットを撮るなどして保存しておくと、後で比較しやすくなります。

     

    さあ、あなたのインタネット回線の速度はいかがでしたか?

     

     

    測定結果の説明

    参考までに、下記は私の光回線環境の測定値です。

    今回は、下枠の2項目に注目しましょう。

    上記測定結果は、ディスクトップパソコン、有線LAN、ドコモ光ですので、環境的にはかなり良い方です。

     

     

    測定速度の「DOWNLOAD」と「UPLOAD」の確認

    2つの数字が10Mbps以上であれば、おおむね「オンライン英会話」はストレス無くレッスンを受けられると思います。

    ※あくまでも参考の閾値です。数字が高い方が安定したレッスンを受けられます。

    速度 説明
    ディスクトップパソコン、有線LAN、ドコモ光(1G)の環境です。
    光回線の1Gでこのぐらいでれば、上出来でしょう。

    ディスクトップパソコン、Wi-Fi、ドコモ光(1G)の環境です。
    上記の有線LANからWi-Fiに変更すると、速度は半分になりました。

    おおむね快適にオンライン英会話レッスンを受けられます。

     

     

    この環境では、UPLOADがギリギリ10Mbpsを確保している。

     

     

    10MBps以下だとかなりストレスを感じる環境です。

     

     

    用語解説(難しくなるので呼び飛ばして良いです)
    • DOWNLOAD(下り)
      講師からの動画や音声が送られてくる方向
    • UPLOAD(上り)
      あなたの動画や音声を送る方向。 UPLOADが遅いと、あなたの動画や音声が遅延して、講師がストレスを感じます。 こちらはなかなか気づきずらいですね。
    • Mbps (メガ・ビーピーエス)
      Mbpsとは通信速度を示す単位で、1秒あたりにどれくらいの容量を通信できるかを示した単位です。
      MbpsとはMbps (Mega bits Per second) の略語で、
      Mega bit=メガビット、 Per second=1秒辺り、 という意味になります。
    • Gbps (ギガ・ビーピーエス)
      Mbpsの1000の1000倍の速度。 ※1,000Mbps=1Gbps、

      光通信の場合、1Gbps(イチギガ)とか、最近は2Gbps(ニギガ)と聞きますよね。
      1Gbpsという速度はあくまで理論上の最大値(ベストエフォート)で、実際には1/10程度スピードが出れば良いと言われています。
      ちなみに私は、ドコモ光の1Gを契約しており、98Mbpsでした。

     

     

    「ビジネス」の「ビデオ会議」の速度診断

    次に、「ビジネス」の「ビデオ会議」の速度を確認してみましょう。

     

    あなたの判定はいかがでしたか?

    速度診断 説明
    あなたの環境は快適です。
    オンライン英会話でトラブルや遅延は発生しづらいでしょう。
    オンライン英会話中に下記が発生すると、不安定になる場合があります。

    ・インターネット回線の使用率が高い時間帯
    ・オンライン英会話中に家族が動画を観た
    ・Wi-Fiので接続ししている場合、近くで電子レンジを使った。

    インターネット環境を見直した方が良いと思います。

     

     

    インターネット環境別解説

    「Webサービス」の「ビデを通話」が、「普通」「ストレス」となった方は、下記検討してみましょう。

     

     

    パソコンと自宅のネットネットワーク環境

    あなたは「有線LAN」または「Wi-Fi(無線LAN)」どちらで接続していますか?

    有線LAN接続にする(推奨)

    可能であればWi-Fiでなく、有線LANで接続した方が良いです。

    有線LANケーブルをモデムやルーターに接続するだけですので、Wi-Fi(無線LAN)と比べて設定が簡単で、速度が速く、安定しています。

     

     

    自宅のWi-Fiルータ環境(無線LAN)

    Wi-Fi(無線LAN)の場合は、Wi-Fiルーターとパソコンの間にに壁や天井などの障害物があったり、電子レンジやBluetooth機器などの電波の影響を受けたりして、通信速度が落ちることがあります。

    一般的な家庭では、スマホ、ゲーム機、テレビなどもWi-Fiに接続しているため、Wi-Fiルータは重要になってきています。

    また5Gが主流になってきますので、新規格に対応したWi-Fiルータに変えるのも良いと思います。

     

    自宅から電話局(NTT)までのインターネット接続回線

    接続方法はいろいろあります。

    接続環境 説明
    アナログ回線(DSL)
    ADSL
    など
    光回線が整備される前はアナログ回線が主流でした。
    電話局から自宅に引かれているメタル線(アナログ回線)を使って通信します。
    電話局から自宅までの距離が遠くなると、通信速度が遅くなります。
    また、天候によっても速度が左右されてしまうようです。
    ポケットWi-Fi
    WiMAX
    ・設置も不要で持ち運びに便利です。
    ・利用者が多い時間帯や、利用者が多い地域の場合には、速度が落ちる場合があります。
    ・ギガの使用量により速度が制限がかかる可能性があります。
    携帯電話回線 スマホとパソコンを、テザリング(Wi-Fi)で接続する方法。
    パソコンの近くに置いて通信すれば良いのですが、ちょっと席を立った際に、スマホをもって歩くと通信が切れてします。。
    ケーブルテレビ回線(CATV) ケーブルテレビ会社がテレビ番組と一緒に提供している光回線。
    ケーブルテレビに入っている方はセット割もあるのでお得かもしれません。
    ただし、ケーブルテレビ会社により、速度が遅い場合があります。
    先ほど紹介した「インターネット回線スピードテスト」の結果を確認してみてください。
    光回線 現在の主流は「光回線」です。
    光回線にすることで、安定したインターネット環境にすることが出来ます。

     

    インターネットお勧め環境(2021年版)

     

    もし今、光回線以外の接続方法であれば、
    今後4Gから5Gに変わり通信量も増えてくることから、
    光回線(ケーブルテレビ光回線)にして、安定したネット環境にすることをお勧めします。

     

    光回線を提供している会社がいっぱいあるけど、どこの光回線を選べばいいの?
    スマホを契約しているキャリア(電話会社)と同じ通信会社にした方が良いでしょう。
    光回線とスマホを一緒にすることで、セット割で家族全員のスマホ代が約1000円/人安くなります。

     

     

    下記にキャリア毎のお勧め光回線を紹介します。

    コロナ禍でもあり、お店に出向くこと無く、インターネットから簡単に手続きが出来ます。
    ぜひ検討してみてもよいかもしれません。

     

     

    docomoユーザは「ドコモ光」

    ドコモユーザーにおすすめな光回線は『ドコモ光』になります。

    特徴
    1. プロバイダ料金一体型で、毎月のご利用料金が4,400円(税込)~使える!
    2. ネットとスマホをドコモにまとめると、家族みんなのスマホ料金が<毎月ずーっと最大1,100円/月(税込)割引>!
    3. 新規工事費が無料!
    4. dポイント10,000ptプレゼント!
    5. ドコモスマホをお持ちの方なら、ドコモ光とセットでスマホ料金が割引に!

     

    家のインターネット回線はドコモ光がオススメ!ドコモ公式HPからのお申込みならおトクな申込特典あり!!申込もカンタン3ステップ!専門オペレーターと相談しながらお申込みができます

     

     

    auユーザーは「auひかり」

    auユーザーにおすすめな光回線は『世界最速!auひかり』になります。

    特徴
    1. auスマートバリュー
      auひかりご加入ならスマホはauが断然おトク!ご家族の携帯まで割引き!
    2. auひかり公式キャンペーン
      初期費用、月額費用割引 実質0円!おトクに開始♪ 最大37,500円相当割引
    3. 世界最速!超高速通信!上り下り最大10ギガ



     

    SoftBankユーザは「SoftBank光」

    SoftBankユーザーにおすすめな光回線は『SoftBank光』になります。

    特徴
    1. スマートホンとセットで永年毎月最大1000円割引
    2. 最大、50,000円還元
    3. 新規工事費が無料!
    4. 月額3,800円から(プロパイダ料込)



    格安スマホ、キャリアを乗り換えたい方は「NURO光」

    格安スマホやキャリアに縛られたくない(乗り換えを頻繁にしたい)方は、【NURO光マッハ】になります。

    特徴
    1. 超高速 下り最大 2Gbps
    2. 安いコミコミ 5,192円
    3. 無線LAN付(家中どこでもWi-Fi通信が可能に)


     

     

     

    光回線を引き込めない方はドコモhome 5G|おうちWi-Fi

     

    特徴
    1. 5Gに対応した最新型ホームルーター
    2. キャッシュバック15,000円
    3. コンセントに挿すだけ工事いりません!
    4. 無線LAN付(家中どこでもWi-Fi通信が可能に)


    (ドコモhome 5G|おうちWi-Fi)

    出張や移動が多い方は「Mugen WiFi

    出張や移動が多い方のお勧めは『Mugen WiFi』になります。

    特徴
    1. )最大キャッシュバック10,000円!業界最安級の実質月額3,088
      →Mugen WiFiは月100GBが使えて月額料金が3,380円です!   ※3日速度制限なし
       キャッシュバック10,000円を受け取った場合の実質月額は3,088円になります!
    2. )30日間おためし体験ができる
      →30日間であれば違約金なしで解約ができます!
       ポケットWiFiを使うのが初めての方でも安心して申込みができます!
    3. 最新機種含む全端末が0円!


    【Mugen WiFi】キャッシュバック10,000円!実質月額3,088円!コスパ最強のポケットWiFi


     

    まとめ(インターネット編)

    どうでしたか、あなたのインターネット「回線スピード」と「診断結果」はどうでしたか?

     

    インターネット環境に少しでも詳しくなり、快適なオンライン英会話環境でレッスンを受けてみてください。

     

    合わせて、自信のパソコン環境や講師側のインターネット環境を確認してみよう。

     

    インターネットラブルについて3つの視点で記載しました。

    ネットワークトラブル3つの原因

     

    【私が受講したオンライン英会話会社のお勧め一覧】

     

    一般英会話向け。100ヵ国以上の講師と楽しく英会話できる

     

    レッスン無制限、予約なしで直ぐに喋れる

     

     

    ・子供向けの講師も多いため、英会話初心者でも安心してレッスンを受けられる
    発音プログラムお勧め

     

    ・初めての英会話挑戦者でも「体験レッスン対応可能講師」がいるので安心!!
    ・日本好きで片言の日本語が話せるフィリピン講師が他のオンライン英会話会社に比べて多い
    ・レッスン後のレッスンレポートが充実「発音」「文法」の復習が出来る

     

    ・レッスン教材がスタデーサプリで有名な「関正生先生」監修
    ・定番フレーズを効率よく覚えられる

     

    ・仕事で英語を使いたいのであれば初心者からBizmatesで学ぶのが近道!!
    ・どの講師もチャットボックスにしっかり指摘箇所を残してくれるため、復習ができる

     

     

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしてね

    おすすめの記事