TOEIC パート3攻略法: 会話の理解から語彙力強化までの包括的な戦略

TOEICのパート3は多くの受験者にとって難易度が高いと感じられる部分です。しかし、適切な戦略と練習により、高得点の道を切り開くことが可能です。

この記事では、パート3の基本的な形式から求められるスキル、頻出する話題、そして具体的な攻略法について詳しく解説します。スキル別に理解することで、効果的なリスニング戦略を構築し、TOEICスコアの向上につなげましょう。

 

この記事の目次

TOEIC パート3とは?

TOEIC パート3とは?

パート3の基本的な形式

パート3はTOEIC Listening Sectionの中の1つで、全30問から成り、いわゆるショートコンバセーション形式の問題です。

具体的には、2人の会話を聞いて、その後に続く質問に対して最も適した答えを選択します。

4つの選択肢の中から1つを選びます。問題の音声は1度しか流れず、また画像や文書のヒントはありません。だからこそ、リスニング力と即座の理解力が求められるパートです。

主にビジネスや日常生活の会話をベースにした質問応答形式の問題となります。このパートでは、短い会話を聞き、その内容に関する3つの問いに答える形式です。応答する際には、ただ事実を記憶するだけでなく、話者の意図や感情、発言の背後にある状況などを正確に把握する能力が求められます。

例題
男性「新製品のローンチについて会議を設定したいんだけど、来週の火曜日はどう?」
女性「その日は他の予定が入っているから、水曜日なら大丈夫よ。」質問1: 男性は何を提案していますか?
質問2: 女性は火曜日に会議を開けますか?
質問3: 女性はどの日に会議を開くことを提案していますか?

 

 

パート3で求められるスキル

TOEICパート3で成功するためには、いくつかの特定のスキルを磨くことが求められます。

  • 一つ目は、短時間で多くの情報を処理する能力です。具体的には、リスニングにおける速度と正確性を両立させる必要があります。
  • 二つ目は、話者の意図を理解する能力です。ここでは、単に表面的な情報を探すだけでなく、話者が何を意図して言っているのかを理解する能力が求められます。

 

 

パート3で頻出する話題

パート3では、ビジネスシーンや日常生活に関連した話題が頻出します。具体的には、会議、プレゼンテーション、商談、予定調整、旅行、レストランでの食事などの状況がしばしば描かれます。これらのトピックに慣れるためには、実際の英語を使ったビジネス環境や日常生活のシーンに触れることが助けになります。

 

 

攻略法1:会話全体の理解

攻略法1:会話全体の理解

スピードリスニング

TOEICパート3では、短い時間内に話者の会話全体を理解するスキルが重要となります。特に、質問が会話の全体像に関連している場合が多いためです。スピードリスニングを鍛える方法の一つとして、実際のTOEICの問題を用いて短時間で情報を把握する訓練をすることが有効です。また、毎日の生活の中で、ポッドキャストやニュース、映画など英語の聞き取りに触れ続けることもおすすめです。

例題:(スピードリスニングの練習として)

TED Talks」で話者の主旨を理解し、内容を要約する。
BBC News」のショートニュースを聞いて、重要な情報を抽出する。

 

 

話者の意図を読み取る

会話全体を理解するためには、話者の意図を正確に読み取ることが重要となります。つまり、何を言っているかだけでなく、なぜそれを言ったのかを理解する必要があります。これを実現するためには、語彙力と理解力の向上が必要です。具体的には、慣用表現やビジネス表現を学び、その使用状況やニュアンスを理解することが重要です。

例題
男性:「私たちは新しい製品を発表する時期を決めるべきだと思います。」
女性:「それは素晴らしい提案ですが、私たちはまず市場調査を行うべきだと思います。」

この会話から、男性は新製品の発表を急いでいること、一方で女性はより慎重なアプローチを提案していることが理解できます。

 

コンテクストを利用する

パート3の会話は、特定のビジネスシーンや日常生活のシーンに基づいています。そのため、会話の背景や状況を理解することで、より深く内容を把握することが可能になります。具体的には、一部の情報が明示されなくても、その背景から推測することが求められます。

例題
男性:「新しいプロジェクトのプレゼンテーションはどう進んでいますか?」
女性:「まだデータの分析部分が完了していませんが、全体としては順調です。」

この会話から、新しいプロジェクトのプレゼンテーションの準備が進行中であり、特にデータ分析の部分が遅れていることがわかります。

 

攻略法2:「予想と推測に」対して

攻略法2:予想と推測に対して

文脈からの予測

TOEIC パート3では、問題のキーワードや登場人物、シチュエーションなどを元に、会話の内容や質問の方向性を予測する力が求められます。この力を養うためには、多くのリーディング・リスニング練習を重ねることが有効です。特に、TOEICの過去問題などを解き、その傾向を掴むことで、予測力が向上します。

例題
女性:「私たちの会社は新製品のプロモーションに力を入れるべきだと思う。」
男性:「そのためには、まず私たちの製品がどのような価値を提供するのかを明確に理解しなければならない。」

この会話から、新製品のプロモーションについて議論が行われていることを予測できます。

 

 

応答パターンの理解と予測

TOEIC パート3では、各問題の応答パターンを予測する力も重要です。質問に対する適切な回答を予測し、それに基づいて質問文を理解する能力を養うことが求められます。このためには、英語の一般的な会話パターンやフレーズを学び、理解することが有効です。

例題
「あなたは何をするべきだと思いますか?」という質問に対して、回答は自分の意見や提案を含むべきです。

 

 

会話の進行を推測する

TOEIC パート3では、会話の進行方向を推測する能力も求められます。たとえば、質問の前に出てくる会話の内容から、その後の話の進行を予測することがあります。これは、英語のコミュニケーション全体に通じるスキルであり、リスニングだけでなくリーディングやスピーキングにも役立つ能力です。

 

例題
男性:「私たちのチームは新しいプロジェクトの計画を立てる必要があります。」
女性:「それなら、まず何から始めるべきですか?」

 

女性の質問から、次に話が進むとしたら、新しいプロジェクトの具体的な計画について話す可能性が高いと推測できます。

 

攻略法3:豊富な語彙力と表現力

攻略法3:豊富な語彙力と表現力

頻出語彙のマスタリー

TOEIC パート3では、日常的な会話からビジネスシーンでよく用いられる語彙が頻出します。

そのため、これらの単語やフレーズを理解し、自在に扱える豊富な語彙力が必要とされます。頻出する語彙を学習するための方法は多くありますが、毎日の新聞や記事の読み、TOEICの過去問題を解いてみるのもおすすめです。

例題

  • promote
  • establish
  • implement

どはビジネス英語でよく用いられる動詞です。
これらの単語が文中でどのように使用されているかを理解することが重要です。

 

 

様々な表現法の理解

同じ意味でも様々な表現方法があります。

例えば、「同意する」を表す英語表現は、さまざまあります。

  • agree with
  • concur with
  • go along with

など、さまざまです。

これらの違いを理解し、適切な状況で使い分ける能力が求められます。

日常的な英会話やニュース、映画などを通じて、自然な英語表現に触れることが有効です。

例題
ある人が提案に同意する場面で、

  • I agree with you
  • I concur with your proposal
  • I can go along with that

など、状況に応じた様々な表現が可能です。

 

 

具体的な事例や状況を表現する語彙力

TOEIC パート3では、具体的な状況や事例を正確に表現する語彙力も求められます。

たとえば、「会議をスケジュールする」、「プロジェクトを立ち上げる」、「提案を承認する」など、具体的なアクションを表現する単語やフレーズの理解が必要です。これらの語彙は、実際のビジネスシーンで頻繁に使われるため、ビジネス英語学習に取り組むことで習得することが可能です。

例題
具体的なビジネス行動を表現する単語やフレーズを習得することが重要です。

  • launch a project
  • schedule a meeting
  • approve a proposal

 

 

TOEICパート3: 頻出問題シーンとその対策

TOEICパート3: 頻出問題シーンとその対策

1. スケジュールの変更: 頻出表現を把握する

特に重要なのが「instead of」。この単語の前後で変更に関する重要な話の展開があるため設問でも高確率で狙われる。

Regardingaboutと同じ意味。文頭にある時は「〜に関して」と話題を提供する役割もある
changeこの単語が出ることでこの後何か変更点があることを示唆している
instead of変更に関する代打案やその後の変更後のことにもしっかり言及してくれる

 

しん英会話

とにかく「instead of」 が出てきたら全力で注意してみて!

 

 

2. ビジネスシーン: トラブルとその対処法を理解する

頻出パターンの王道の流れを押さえておくと楽!
話の展開が予想できれば、イメージしやすく記憶に残りやすくなります。

ビジネスシーンの王道パターン: やりとり → トラブル → 対処

◆典型的に使い慣れている言い回しフレーズほど、はっきりと発音されないので注意!

日本語でも「らっしゃいませ〜」「あざーす」など、形が崩れているけど、使い回されているからこそ意味が予測できるものありますよね。英語も同じです。

 

頻出表現 例

◆Could you see if 〜?:~かどうかを確認していただけますか?
see:確認する / if 〜:〜かどうかを
※「see if」はリンキングで「if」が消えやすく「スィ(フ)」と発音される

◆In that case:その場合には
※リンキングサウンドで th が消えて「インナッケー(ス)」と発音

 

【その他 押さえておきたいビジネスの頻出単語】
work:がんばる、機能する

 

 

3. 申込み・予約・依頼: 典型的なフローを頭に入れる

申込み、予約、依頼の典型的なパターン: 買う → 選ぶ → 注意事項がある

例)きっぷを買いにいく → 席を選ぶ → 超過料金がかかるか確認する

◆TOEICには「ツアー」関連が非常によく出る
※日本語の「ツアー」ではないので「tour」の発音は押さえておく

 

【TOEICで出てくる「旅」単語イメージ】

travel:遠方や比較的長期的な移動を伴う旅行
trip:短期旅行
tour:数カ所をめぐるイメージ、日帰り

 

それぞれの単語には上記以外の意味もあるので注意。
例)travel:日常シーンの単なる「移動」の意味としてTOEICで出てくることも。

 

4. 店舗と顧客の対話: セールや在庫問題への対応を把握する

お店とお客のやりとり頻出パターンは、「お店はセールや特売をやっているが、商品は売り切れが多い。」

【超重要単語】
Actually:実のところ
※意外な展開が待ち受けているときに使う単語、その後の流れが設問で狙われる可能性が高い

 

※「話の流れの変化」は設問になるので「but」「however」「though」「in spite of」「even」のような逆接を導く単語が出てきたら特に注意して聞く!!

 

○○-free:「〜がない」という概念表現

smoke-free:禁煙(煙がない)
alchol-free:ノンアルコール (アルコールがない)
sugar-free:砂糖なし

5. 社員間の対話: 締切りや仕事の進行に関するやり取りを理解する

ビジネスシーンもテーマの1つであるTOEIC。会社内のやり取りは頻出です。

 

特によく出る内容と流れは次の2つ。

◆社員同士パターン:「同僚や上司にものを頼む」「フィードバックをもらう」

◆仕事の締切系パターン:「締切に間に合う」「 間に合わない」 → 間に合えば〜できる

 

超重要単語

by the way:ところで

  • 話の内容自体がガラリとかわるほどの強力インパクト単語
  • 「話の転換」は設問ポイント。転換後の流れを聞き逃さないようにする!

 

 

6. 3人の会話: 内容の理解を最優先する

PART3の13セットある会話文のうち約2セットは男女3人での会話形式です。

・3人パターンでは人名がよく出てくるが、基本的に男か女かの判断でOK。
・男女の違いを意識できるだけでほとんどの問題はとれるようになっている。
・「半分とれればOK」というくらい3人での会話は難しい。

スタディサプリTOEIC

 

経験談 補足

パート3では、「人名が出てくる」問題パターンに多くの受験生が戸惑うことがあります。私自身も、この問題に対応するまで、何度もミスを繰り返し、大いに苦労しました。

設問文で出てきた「人名」を必死に聞き取ろうとして、他の重要な部分を聞き逃してしまった経験はありませんか?また、新しく登場した人名について、「知らない単語なのか?それとも人の名前なのか?」と混乱することは、多くの受験生が共有する問題です。

しかし、これらの誤解や困惑は、私たちがスコアを上げるための一歩となります。具体的には、「人名」に焦点を当てるのではなく、「男性と女性の違い」というように、より大まかな視点で問題に取り組むことをお勧めします。それにより、本文の内容自体を聞き逃さないようにすることが重要です。

そして、このアプローチを反復練習することで、全問不正解だったセクションでも、1問でも2問でも正解できるようになるはずです。

もちろん、自分が馴染みのない単語に出会うと、思考が停止してしまうことがあります。だからこそ、英単語学習を通じて知識を増やすことも、TOEICのスコアアップには重要な要素となります。

 

 

 

7. 意図を読み解く問題: 「だから〜だよ」と続く選択肢を選ぶ

意図問題は、本文中のセリフが設問文として提示され、そのセリフが「imply」や「mean」何を意味するのかを問う問題形式です。

この問題形式のメリットは、設問文にある「本文中のセリフ」から確実な事前情報を得られる点にあります。

解法としては、設問文中のセリフに対して、「だから〜だよ」と続ける形で答えられる選択肢を選びます。

例えば、以下の問題があったとします。

設問文
What does the woman imply when she says, “you spent two years in Spain, didn’t you ?”この問題に対する正解は、
「you spent two years in Spain, didn’t you?」の意図を問うため、→「だから She wants the man to talk with a client. だよ」
となる選択肢が正解となります。

しん英会話

ここで重要なポイントは、設問を事前に確認することで、「2年間スペインにいたこと」に関連する話を予測できるということです。
事前情報が全くない状態で問題に取り組むよりも、話の内容に入り込みやすくなります。

 

 

8. 図表問題: 反対の情報に注目する

「図表問題は、放送で流れる会話文と問題用紙の図表を関連づけて解答する形式です。図表を先読みして理解しておけば、会話文中の重要なポイントを事前に特定できます。特に、選択肢に出てくるキーワードと反対のものが本文中に流れる可能性が高いです。

また、設問の順序は話の流れと一致します。ですので、問題全体を通じて図表に関連する話題がどのあたりで出てくるかを予測しておけば、キーワードを見つけやすくなります。

 

【解法の例】

TOEICパート3の出題

選択肢になっている赤枠部分のキーワードと反対側の青枠のキーワードが本文で出てくる可能性が高いと予想し、青枠のキーワードに注意して本文を聞くという方法があります。

TOEICパート3の出題

例えば、リスニングで流れた本文に、「2.5 meters!」という男性のセリフがあったとします。この場合、解答は「External width」の B が正解となります。

 

先読みのリズム崩れに注意!

しかし、図表問題はパート3の13セットの中で最後の方に出題されるため、その前までに先読みリズムが崩れていると、大きな影響を受けます。

したがって、図表問題をしっかり先読みするためにも、前の問題に引きずられないマインドセットの養成も大切です。

 

しん英会話

また、私自身はパート1、2のディレクションでもパート3、4の図表をチェックしています。(※リスニング試験中にリーディング問題の閲覧は不可ですが、リスニング問題なら先読みが許されています。)

各パートの冒頭にある比較的長いディレクションをどう使うかは個人の自由です。ぜひ、うまく活用しましょう。

 

 

重要な単語】
「initially」:はじめは〜「はじめは、、、」と明示的に言う場合、大抵の場合、後続の文で話が変わります。そのため、この言葉が出たときには、続く文に注目しましょう。なぜなら、話の流れが変わるポイントは、設問で狙われやすいポイントだからです。

 

最適なリスニング学習法: 先読みテクニックの理想と効果的な活用法

 最適なリスニング学習法: 先読みテクニックの理想と効果的な活用法

理想的な先読みとその重要性

パート2が終了し、パート3が開始するまでのディレクションを有効に活用しましょう。特に、パート3のディレクションには約30秒の時間が与えられています。

TOEICパート3の出題

パート2の最後の問題を解き終えたら、すぐに先読みタイムに突入します。この時間を上手く活用することが重要です。

 

関先生が推奨する理想的な先読み確保時間は13秒以上です。
パート3では、問題本文の音声が終了した後に設問文の読み上げ(約5秒)と無音の解答時間(約8秒)が各設問ごとに設けられています。本文の音声が終了した後は、できるだけ速やかに3つの設問解答を終え、次の問題の先読みに移ることを心がけましょう。

TOEICパート3の出題

また、スタディサプリTOEICのパート3の演習では、各問題の本文音声前に13秒の先読みタイムが設けられており、受講生はこの時間を活用し、先読みタイムの使い方を日々訓練しています。

 

 

設問文の先読みとその活用

設問文の先読みは必須です。
選択肢まで読むかどうかは個人の好みによりますが、NOT問題以外では4つのうち3つの選択肢が不正解の情報であることに注意しましょう。

 

 

【時短テクニック】設問先読みを1度で記憶する方法

TOEICには設問にもパターンがあります。既に演習を何十回と解いて出題パターンを把握していれば、キーワードの拾い読みが有効です。

ただし、関先生は基本的に「拾い読み」を推奨していません。これはあくまで何百回も設問先読みを繰り返した結果、効率的になる方法です。

以下に、PART3で重要キーワードだけを拾い読みし、設問の大枠を掴む方法を示します。

重要キーワードだけ拾い読みする PART3編

Why is the woman calling?
What does the man ask the woman about?
What does the man offer to do?
Where do the speakers work?
What does the woman say the man should be prepared to do?
What is the conversation mainly about?
Why does the woman say, “I can’t believe it”?
What problem does the man mention?
・Look at the graphic. What size screen will the man order?

拾う単語数が減ると、その文を記憶しやすくなり、時短にもなります。
※設問例文はTOEIC公式サイト サンプル問題PART3より

 

しん英会話

【パーソナルテクニック】

私の個人的な先読み法は、設問Q1→Q2→Q3→Q2→Q1の順で行い、その後リスニング本文に挑むというも

 

学習ツールとしての"スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)

カフェでスタディサプリを使ったTOEICの学習
カフェでスタディサプリで勉強中

 

あなたのTOEICパート3対策を次のレベルに引き上げるための一押しのツールとして「スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)」をお勧めします。これは、TOEIC対策に特化したオンライン学習プラットフォームで、パート3に限らず、TOEIC全体の理解を深めるための各種リソースを提供しています。

このプラットフォームは、豊富な模擬問題、各種語彙と文法のリソース、さまざまなテーマに基づいたリスニング練習など、あなたの学習ニーズをカバーします。特にパート3の学習には、先読み技術を磨く練習や多種多様な会話シーンに対応する能力を養うための素材が用意されています。

また、学習を効率化し、自分の弱点を特定するための自己評価ツールも備えています。これにより、あなたは自分の進歩を確認し、必要な改善を明確にすることができます。

"スタディサプリENGLISH(TOEIC対策コース)"の利用を開始することで、TOEICパート3への取り組みは新たなステージに進むことでしょう。是非、ここをクリックして始めてみてください。あなたのTOEICスコアの向上を、私たちと一緒に達成しましょう。

 

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

<<7日間無料・一押しアプリ>>

 

トレーニングと絶えず向上するための戦略

TOEIC パート3攻略法: 会話の理解から語彙力強化までの包括的な戦略

TOEIC パート3への取り組みは、ただの勉強以上のものであることを忘れてはいけません。それは言語能力、理解力、予測能力など、あらゆるスキルの絶え間ない向上を必要とする旅です。

具体的には、以下の方法が役立つでしょう:

  • 定期的に自己評価を行う: 定期的に自己評価を行うことで、どの分野で改善が必要なのかを明確にします。
  • 継続的な練習: 言語学習には一貫性が重要です。
    毎日の練習が、長期的な成功に繋がります。
  • 多角的なアプローチ: リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの全てのスキルをバランスよく鍛えましょう。
    これにより全体的な言語能力が向上します。
  • リアルな英語の利用: TOEIC学習だけでなく、日常生活で実際に英語を使う機会を増やすことが重要です。
    英語を聞く、話す、読む、書く機会を増やすことで、自然な英語の理解力と表現力が身につきます。

 

総じて、TOEICパート3へのアプローチは、各種のテクニックや戦略を駆使しつつ、自己のスキルを見つめ直し、必要な改善を行うというプロセスです。

このプロセスを通じて、TOEIC全体への対策が向上し、更なる成績向上につながることでしょう。

関連キーワード